Access Counter

3.11.14

ザグレブで指輪物語の世界に浸る Tolkien's House

ザグレブに行った時に必ず立ち寄るバーがあります。
トールキンズハウスTolkien's Houseです。
町の隠れたとおりの裏にあります。

ロードオブザリングで有名なトールキンから名前を取った店です。
ヨーロッパのいろいろな国のビールやお酒が味わえます。
 ザグレブの中心の隠れた一角にあり、観光で疲れた足を休ませるために観光客がビールを片手にテラス席で休んでいます。
中もケルティックな内装で古い道具や武器などが飾ってあり興味深いです。ロードオブザキングの物語の世界に迷い込んで飲んでいるような気分にさせてくれます。

 メニュー帳にはロードオブザリングの物語のキャラクターたちが不気味に描かれていて雰囲気をかもし出しています。

この日はイギリスのビール「セント・ピーターズ クリーム スタウト」をオーダーしました。
コクのある黒ビールで、後から来る苦味がよりいっそうビールの味を深くさせます。 名前の通りクリーミーな泡がおいしかったです。

皆さんもザグレブの町に行かれたときはぜひ立ち寄ってください。
  1. Tolkien's House
  1. Address: Opatovina 49, 10000, Zagreb, Croatia

31.10.14

クロアチアの有名お菓子メーカーKARSが日本で手に入る

ぼくは今日本に長期で滞在しています。
昨日はクロアチアから日本に旅行にきている友達と会ってきました。
お土産にクロアチアの有名なお菓子のメーカーのKRASのチョコウェハースをもらいました。



わざわざクロアチアから持ってきてくれたんだと思うととてもうれしかったです。
ひさしぶりにみるKARSのパッケージを懐かしく感じました。
一人で感慨にふけっていると日本の100円均一「ダイソー」で買ったというじゃありませんか!
確かにお菓子の裏を見てみると、日本語のステッカーが貼ってあり「原産国:クロアチア」とありました。

驚きと同時に、100円均一で購入できるという事実がショックでした。
しかし今まで何回もダイソーに行った事はありましたが、ぜんぜん気付きませんでした。
100円均一で、東南アジアなどのチープなお菓子とともに、KARSが並べられるのはなんだか悲しい気もします。
100円均一で手に入ることがわかっても、僕は簡単に手を出したりしないでしょう。
クロアチアに帰ったときの楽しみにKARS社のチョコレートを食べるのを取っておきます。


10.5.14

屋根の上の猫

バスルームの窓から外をみると、猫と目が合いました。
 ジーっと5分ぐらいにらみ合って
 こっちに寄ってきました。
なんてこと無い野良猫でした。

スーパー玩具売り場

スーパーの子供用玩具のコーナーに悪趣味な人形がありました。
でもよく見るとなかなかこっていて面白いです。

13.4.14

ケバブ

ザグレブの町を一通り歩いた日のことです。
妙にお腹がすきました。
でも次の目的地に向けてのバスがもうすぐ来てしまいます。

バス停の近くにあったファストフードのケバブの肉汁の焦げる匂いに負けて買ってしまいました。
僕は普段はアンチファストフードなのでまったく買いませんが、この日は家から遠いところに来ていることもあって買ってしまいました。

 バス低近くのケバブ店。人気なようで、僕の前にも人が並んでいました。


味は、まぁまぁでしたが後ですごく喉がかわきました。塩分高めなので、毎日はいただけません。

青空ベーカリー

 オシェクのマーケットに行ってきました。
いろいろな種類の野菜や、手作りのワインかジャムなどの加工品、パンやケーキなどの店が軒を連ねていました。
週末の早朝ですが、たくさんの人でにぎわいます。

この日はぶらぶら歩いただけですが、見ているだけでとても楽しいです。

釜焼きのパン。外側が少し硬いが、釜で焼いてあり風味がとてもよい。


左:マコヴィナチャ(makovnjacha)と右:オレヒナチャ( orehnjacha)
マコヴィナチャがケシのみを餡にしたロールケーキ(パンに近い)で、オレヒナチャが胡桃を餡にしたもの。東欧で一般的なお菓子


混沌とした家の中

たまたまオシェクの町を歩いていたときに、面白い光景を目にしました。
アンティークショップか、一般の家かわかりませんがものが溢れていて足が止まりました。

一見ガラクタが無造作に並べられているように見えますが、よくよく見ると持ち主が計算して、配置しているようです。


12.4.14

クヌードル(茹で団子)

ランチにクヌードルを作りました。
クヌードルとはドイツ語で団子という意味です。
茹でたジャガイモ、小麦粉と卵、水をいれて混ぜ合わせ団子のような生地にします。
これに今回は秋に収穫して冷凍しておいたプルーンをいれて、茹でました。
茹でている間に、トッピングを作ります。
フライパンにバターかオイルをひいて、パン粉と砂糖をいれが狐色になるまでいためます。
そこに茹で上がったクヌードルを入れて、満遍なくパン粉が付くようにします。
 クヌードル生地にプルーンをいれて丸めて茹でます。

パン粉を絡めて完成です。
熱いうちにいただきました。
真ん中のプルーンがジューシーで、外の衣が香ばしくてとてもおいしかったです。

レストラン Baranjska Kuća

だいぶ前にいったレストランですが、とてもいい雰囲気だったのでブログで紹介します。

クロアチアの古い町並みを再現したレストラン「Baranjska Kuća」です。
クロアチアの郷土料理を食べることができます。
値段設定は高めですが、雰囲気が最高のレストランです。

 レストラン入り口

 レストランの中に一歩踏み入れると、タイムスリップしたような感覚になるぐらい、よく再現されています。
 まるで昔の町の一角に立っているような錯覚を覚えます。


ほうれん草と エスカルゴの料理
添えられたトーストにエスカルゴとほうれん草をのせて頂きました。
料理自体にパンチはありませんでしたが、珍しいエスカルゴを食べることができ、満足です。

 鯉のグリル、ベーコンポテト添え
この鯉は淡白で臭みが無く、脂がのっていてとても美味でした。
大きいサイズで4人でシェアしました

 クロアチア語で「酔った豚さん」という名料理
ワインを使って料理されており、そうよ呼ばれている

ささ身の串焼き、アイヴァ(パプリカとなすのペースト)添え

26.1.14

アップルシュトゥードル

家に大量になったりんごを消費すべく、シュトゥードルを焼くことにしました。

すったりんごにシナモン、ポピーシード、砂糖を入れてよく混ぜます。
型にシュトゥードルの生地を広げて、その上に混ぜ合わせたりんごを敷いて、シュトゥードルの生地をかぶせてを繰り返し、層を作ります。



 オーブンでこんがり香ばしく焼き上げました。
キッチンにシナモンとりんごのいい匂いが立ち込めます。



少し冷めて、早速いただきました。

りんごの甘酸っぱさとポピーシードの歯ざわりが楽しい、
おいしいシュトゥードルに焼きあがっていました。

翌日ファーザーと完食しました。

クリスマスツリー

少し遅い記事になりますが、クリスマスにファーザーがクリスマスツリーを買ってきて、

妹がデコレーションをしていました。

青とシルバーの飾り付けが見事でした。
ツリーの下にみんなのプレゼントを置きました。

このクリスマスの雰囲気が大好きです。

雪の日

今年の冬は暖冬で気温が15度ぐらいまで上がる異常気象でしたが、
やっと雪が降りました。


夜はマイナス15度まで下がりました。

家の中はセントラルヒーティングで暖かですが、家から一歩踏み出すと極寒です。


 家の庭に積もった雪



愛犬ベンは雪が降って大喜びです。

マーブル抹茶クグロフ


抹茶クグロフを焼きました。


うまく型から抜けてくれました。


でも横からみると膨らみすぎて、不恰好なのが分かります。


膨らみすぎた部分をカットして、平らに座らせてチョコレートガナッシュクリームを塗りなました。



早速切って食べました。
抹茶の味が弱かったですが、まぁまぁおいしかったです。

6.1.14

パラチンケ〔クレ-プ〕

親戚を訪問していくと、パラチンケをご馳走になりました。
パラチンケはクロアチア語でクレ-プのことです。
スナックとして、食事代わりとしてもよく食べられます。

親戚のうちでだされたパラチンケは、ジャムとヌテラ〔ヘ-ゼルナッツトチョコレ-トノペ-スト〕がぬって巻いてあり、上にホイップクリ-ムとナッツがトッピングされていました。
ジャムの甘酸っぱさとヌテラノチョコレ-トの風味、濃厚なクリ-ムとザクザクナッツでとてもおいしかったです。

 おかわりしました。

オ-トミ-ルパンケ-キ

 妹がアメリカ人のフラットメイトから教わったという、オ-トミ-ルのパンケ-キを作ってくれました。

 このパンケ-キは小麦粉をすくなめてオ-トミ-ルを入れるので、胃にもたれず何枚でも食べられます。


 トッピングに使うフロ-ズンベリ-ミックス

 ミニのパンケ-キ専用のフライパンで焼きます。


 ひっくり返して・・。


お好みでフル-ツやクリ-ムをトッピング。

 アメリカ人のフラットメイトははこれにカリカリベ-コンとスクランブルエッグ、メ-プルシロップをたっぷりかけて食べるんだそうです。

普通のパンケ-キより軽くておいしかったです。

オシェック アンティ-クマ-ケット 5

前にラベンダ-農家から買ったリップクリ-ムがすごくよくて、また買いたいと思っていたら、偶然にも骨董市に出展していました。




敏感肌の僕にぴったりあうクリ-ムです。
手作りですごく安いです。
大量に入っているので、なかなか減りません。
オレンジオイルがほのかに香るリップクリ-ムです。
そのほかにも、ヤギミルクやシナモンアップルの石鹸など大量に購入しました。
ほかにもバスソルトなどあり、友人のお土産として購入しました。




オシェック アンティ-クマ-ケット 4

オシェクの骨董市で売られていた首巻3匹。



 愛嬌がある3匹


左から、シロ、モグ、ポメと名前をつけました。

誰が買うんだろぅ・・・と思っていましたが、後でもう一回店の前を通ると、もういませんでした〔泣〕。

オシェック アンティ-クマ-ケット 3

オシェックの骨董市で見つけたキッチュなものを紹介します。


 アンティ-クビ-ズのパ-ティポ-チ


 ニワトリの壁フック


 手の形をしたドアをコンコンするパ-ツ


 フクロウのネックレス


 ロウソク置〔カトリックのお祈り用〕


 アンティ-クビ-ズのブレスレット



 なんだろこれ


 かわいい服を飾るオブジェ


 ドアのノックするパ-ツ


 レトロデザインの缶


お盆